seshiruno_R


sponsored link

フジテレビ7月クールの木曜劇場は、『セシルのもくろみ』
2年ぶりのドラマ主演となる真木よう子さんが、専業主婦から
読者モデルにスカウトされたことから、生活が一変し
新たな世界の扉が開かれます。

原作は、直木賞作家・唯川恵氏の小説『セシルのもくろみ』
タイトルの“セシル”とは、フランスの小説家、フランソワーズ・サガンの
『悲しみよこんにちは』の主人公・セシルが由来。

かわいい顔をして恐ろしい“もくろみ”をもった少女が抱く女の悩み、
葛藤、思惑など女性自身の中の“女(オンナ)”という意味で使われているとのこと。

豪華女性陣(吉瀬美智子、伊藤歩、板谷由夏、長谷川京子など)
との共演も話題になっています。

主演の真木よう子さんといえば・・・最近は『Twitter』が
いろいろと話題になっているようです(^^)

「真木よう子 ドラマ「セシルのもくろみ」が全話2ケタ達成なら脱ぐと約束」
などと、フェイクニュースも流れているようですが・・・(^^;)

tuett_R
とのことなので、真木よう子さんファンで、Twitterやっている人は
観るしかないですね~

真木よう子 本人のTwitter

セシルのもくろみ登場人物(キャスト)

宮地奈央・・・真木よう子

 金型仕上げ工の夫(宇野祥平)と中学1年生の
 息子(佐藤瑠生亮)と3人暮らしの主婦。

 自分を着飾ることに興味がなく、日々の小さな幸せが
 自分の幸せだと満足している母親だったが
 ある日、人気女性ファッション誌『ヴァニティ』の
 編集デスク(板谷由夏)に読者モデルとしてスカウトされ
 徐々に、新たな世界の扉が開いていく。


浜口由華子・・・吉瀬美智子

 女性ファッション誌「ヴァニティ」のNo.1カバーモデル。
 美しさとプロ意識を持つパーフェクトな女性。
 “幸せに見え続けること”が自らの使命として生きてきた。

 奈央(真木よう子)の、憧れにして最大のライバルとなる。

沖田江里・・・伊藤歩

 フリーライター。
 元々ファッションブランドのPRとして働いていたが
 職を失い、ファッションライターに転身。

 初めて自分が担当することになったモデル(真木よう子)と
 タッグを組むことになる。

山上航平・・・金子ノブアキ

 女性ファッション誌「ヴァニティ」の専属カメラマン
 読者モデルとして成長していく主人公・奈央を
 傍らで厳しくも真剣に支える

小池雅美・・・小野ゆり子

 「ヴァニティ」の編集部員

石田信也・・・眞島秀和

 副編集長

平井早紀・・・石橋けい

 セレブ主婦ライター

登坂千絵・・・伊藤修子


坂下葵・・・佐藤江梨子

 奈央(真木よう子)の同期で“美脚美人”な新人主婦モデル

小田萌子・・・藤澤恵麻

 “セレブ風美人”な読者モデル

安永舞子・・・長谷川京子

 テレビコメンテーター。バツ2。
 「ヴァニティ」の元・No.2モデル。
 物言いはキツイが、自分なりの正義と仁義を持ち、
 バイタリティあふれる女性。

 要所で主人公(真木よう子)に影響を与える
 役どころを担う。

安原トモ・・・徳井義実

 ジェンダーレスのカリスマメーク。
 奈央(真木よう子)の良き理解者である

宮地伸行・・・宇野祥平

 奈緒の夫

宮地宏樹・・・佐藤瑠生亮

 中学生の一人息子

佐藤瑠生亮 津波って?なぜ行方不明… セシルのもくろみ出演!【最新画像】コードブルーにも?

森 泰生・・・加藤雅人

 奈央と学生時代からの地元の友達

黒沢洵子・・・板谷由夏

 元モデル出身で「ヴァニティ」の編集部デスク。
 次期編集長の座を狙っている。
 冷静沈着な正確で、策略的な一面を持つ。

 奈央(真木よう子)をスカウトし、
 ファッション業界へと引き込む。

南城彰・・・リリー・フランキー

 女性ファッション誌「ヴァニティ」の編集長。
 多くのファッション誌を成功に導いてきた
 温厚な敏腕編集者

セシルのもくろみ 相関図

セシルのもくろみ 相関図

セシルのもくろみ 視聴率

7月13日 木曜日 夜10時スタート

1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 平均
5.1 5.1